カイジ人狼

『カイジ人狼』



くろうさぎ「カイジ人狼って知ってる?」


尻「2、3年くらい前に発売された奴よな」


くろうさぎ「尻さんって本当博識だよねえ」


尻「亀の甲より歳の功って言うからな」


くろうさぎ「今僕さ、『亀』って漢字がずっと『勝目』で誤変換されて出てこなかったから『亀甲縛り』で出したんだよね」


くろうさぎ「それだけ」


尻「あ、はい」



カイジ人狼_convert_20170311104520.jpg
(バンダイナムコ「原作:賭博黙示録カイジ」福本伸行様)


カイジ人狼2_convert_20170311104531.jpg
(バンダイナムコ「原作:賭博黙示録カイジ」福本伸行様)



尻「こんなん絶対面白いですやん」


くろうさぎ「タイトルの通り、基本的なルールは人狼ゲームと同じみたい」


尻「ほな、ワイらにとっては馴染み深いなあ」


くろうさぎ「対面人狼のネタ配役、よりパーティーゲーム風が強い印象だね。もし人狼Onlineでも流用出来そうなら面白いなと思って」



「カイジ×人狼 ~疑心暗鬼編~」


・プレイ人数:4~10人

・プレイ時間:40分

・目的:人狼を暴き、全員脱落させることを目指します。
    人狼側の場合は、バレないように生き残る事を目指します。

・ルール:基本は人狼ゲームと同等。
     カイジ人狼では以下の特別ルールが加わる。


<役割コイン>

カイジ人狼では人狼・市民の正体は固定だが、役職は「役割コイン」で決定する。
また役割は1日毎に入れ替わる。


<ペリカ>

ペリカはカイジ人狼内での通貨。
ペリカを利用して役割の能力を使用したりプレイヤーを買収したり、投票の処刑を逃れることが出来る。


<ゲームマスターは利根川>

カイジ人狼用の進行用台本があり、誰でもゲームマスターをする事が出来る。
台本のセリフはカイジの登場キャラクターである利根川の口調で書かれている。



カイジ人狼3.jpg
(バンダイナムコ「原作:賭博黙示録カイジ」福本伸行様)


カイジ人狼4.jpg
(バンダイナムコ「原作:賭博黙示録カイジ」福本伸行様)




くろうさぎ「役割コインの説明欄がちょっと見辛いから補足しておくね」


ローウェン「助かる」




・なりすまし(2万ペリカ):
他人になりすまし、誰か1人の役割コインをあなたの物にする。
(指名したプレイヤーの役割を奪う事が出来る)

・陪審員(2万ペリカ):
投票後にもう1票追加で入れる事が出来る。

・弁護士(2万ペリカ):
あなたが投票で処刑対象になっても権力で吊りを回避する事が出来る。

・ひきこもり(4万ぺリカ):
今夜、あなたは人狼に襲われない。

・ガード(0万ペリカ):
狩人と同様。自分自身は護衛出来ないので注意。

・奴隷(0万ペリカ):
指名したプレイヤー1人の奴隷になる。
そのプレイヤーが人狼であなたを襲撃した場合、そのプレイヤーはペリカを全て失う。

・商人(0万ペリカ):
次の夜、あなたは1万ペリカ多く貰う。

・占い師(1万ペリカ):
占い師と同様。
当然他の役割と同じようにペリカを支払わなければ能力を使えないので注意。
(1日1万ペリカが全員に支給されるため、特に問題はないと思われる)

・封印(4万ペリカ):
役割コインを1つ選び、そのコインの効果を封じる事が出来る。
(選べるのはプレイヤーではなく役割コイン)

・皇帝(2万ペリカ):
次の夜、あなたは好きな役割コインを選ぶ事が出来る。





【主要なルールまとめ】

・人狼・市民とは別に役割コインが存在する。
 (配役上は人狼・村人のみの設定。役職者=役割コイン(日替わり)のイメージでOK)
・処刑が決まっても保釈金5万ペリカ払えば処刑を免れることができる。
・生き延びれば1日1万ペリカ支給される。
・ペリカの受け渡しは自由。
・最多数票が2名以上いた場合、その全員が処刑。
・全員の投票後、「陪審員」は2万ペリカ払えば1票追加できる。
・昼の処刑や夜の人狼に襲撃されて脱落したら金は全て没収(処刑直前にペリカの受け渡しは可能)
・役割コインの能力を使うには、カードに記載されている分のペリカを支払う必要がある。



くろうさぎ「カイジ人狼では通常の人狼ゲームとはかなり違った展開を楽しむ事が出来るね」


ローウェン「助かる」


くろうさぎ「僕は実際にやった事がないので分からないけど、こんな感じのゲーム展開が楽しめるみたい」


※関連ブログより元ネタ一部引用改変




~ペリカを集めて吊り逃れ~

GM「ではえるさんが最多数票集めたので処刑となります」

える「あと2万ペリカあればっ・・・誰かっ・・・!2万ペリカっ・・・!
   俺は人狼じゃないんだっ・・・ここで俺を吊れば詰みっ・・・ 
   あとたったの2万ペリカでっ・・・俺は明日、己の無実を証明出来るっ・・・
   頼むっ・・・2万っ・・・2万ペリカでいいんだっ・・・早くっ・・・!」

くろうさぎ「信じるっ・・・信じるっっ!!・・・お前は人狼じゃないっ・・・!
      俺の2万でっ・・・命を繋げっ・・・!」

える「ありがとうっ・・・ありがとうっ・・・」

える「お前ならそうすると思ったよ。
   だから俺はお前の綾鷹と俺のおーいお茶の中身をすり替えておいたんだ。
   まんまと引っ掛かったなぁ?
   このゲーム 俺の勝ちだ。」

尻「ええ・・・」





~遺産相続~

GM「ではくろうさぎさんが最多数票を集めたので処刑となります」

くろうさぎ「える君っ・・・える君っ・・・虫のいい話なんだがっ・・・
      僕は2万ペリカしかないから保釈金の5万には届かないっ・・・!
      だから死ぬ前にっ・・・僕の全財産を・・・える君に託すっ・・・!
      える君はっ・・・勝てる人間なんだっ・・・ 僕のペリカでっ・・・狼をっ・・・」

える「わあい」





~狼同士で助け合い~


GM「ではくろうさぎさんが最多数票を集めたので処刑となります」

くろうさぎ「あと2吊りね。狼CO、相方尻さん。あと2万ペリカ頂戴?」

尻「ワイも狼COや。2万ペリカをくろうさちゃんにあげて保釈金5万ペリカやな。
  今日の処刑者は無しやで」

くろうさぎ「今晩の噛みで残り4人。あと1縄足りなかったねえ。お疲れ様でした」





~ペリカで役割者と契約~

尻「ローウェンニキ怪しいなあ。
  ワイの3万ペリカを占い師にあげるから、今夜はローウェンニキ占ってくれへん?」

くろうさぎ「尻さんは僕視点村置きしてる位置だからいいよ。3万ペリカありがとう」

ローウェン「なんだって!?」





~貧乏暇無し~

GM「子狸さんが最多数票を集めたので処刑となります」

子狸「|・ω・`)4万ペリカしか持ってないお。
   |・ω・`)あと1万ペリカで助かるから誰か1万ペリカよこすお」

全員「(既読無視)」

GM「では子狸さんは保釈金が足りないので処刑となります」

くろうさぎ「死ぬんならその4万ペリカくれっ・・・!」

える「そうだ!無駄になるくらいならよこせっ・・・!」

尻「金に群がる亡者の図」







くろうさぎ「このカイジ人狼をネット上でも出来ないかな?と思って一部ルールを改変してみたよ」


尻「有能」


ローウェン「助かる」




【人狼Online版カイジ人狼】


・GM制度で村を建てる。
・各役割コインの能力的にゲーム中では実行不能なものがある(吊り回避など)のでゲームは開始せずにTRPG感覚でGMの指示に従いゲームを行う(雑談村のイメージ)
・役割コインは初日の夜にGMがランダム配布。以降、役割コインは変更されない。
・人狼・狂人も役割コインを配布される(多分そっちの方が面白い)
 ひきこもりや奴隷など人狼視点意味の無い役割もあるので注意。
・役割コインは1種類1つのみ、人数分足りなかった場合は「役割コイン欠け」として扱う。
 (10役割なので初日有り12人村以上は必ず役割コイン欠けが発生する)
・初日犠牲者には役割コインを配布しない。
・皇帝は夜に好きな役割コインをGMに告げ、その役割コインを貰う(続けて皇帝を選ぶのは禁止)
 以降は他プレイヤーと同様に役割コインは変更されない。
・封印の能力の有効期限は1日のみである(永続で占い師の能力が封印されるとゲームバランスが崩壊するため)
・なりすましの役割コイン奪略効果は永続。
・奴隷のプレイヤー指名は毎晩選ぶ事ができ、同じ人を連続して選んでも変更しても良い。
・ひきこもりの能力が成功した場合はGMメッセージで全員に公開される(GM:ひきこもりの能力が発動しました。今晩の犠牲者は無しです)
・利敵行為に該当する行為は全て禁止とする。
・その他のルール(各役割者の能力発動タイミングやペリカ配布)は原作のルールと同様。



~人数別配役例~

・8人【人狼-1,狂人-1,村人-6】
・9人【人狼-2,村人-7】
・10人【人狼-2,狂人-1,村人-7】
・11人【人狼-2,狂人-1,村人-8】
・12人【人狼-2,狂人-1,妖狐-1,村人-8】



~基本戦術~

・人外はいつも通り占いを騙るのがベター(役割コイン配布対象者に人狼が含まれているため、通常よりも「占い欠け」の可能性が高い)
・村視点の強役割コインは「占い師>=弁護士>商人>皇帝>なりすまし>ガード>=奴隷=ひきこもり>陪審員>封印」(推定)
・人外視点の強役割コインは「なりすまし>弁護士>商人>占い師(占い乗っ取り)>皇帝>封印>陪審員>ガード>奴隷=ひきこもり」(推定)
・役割FOに関しては一考の余地あり。奴隷やひきこもりなど潜伏時に力を発揮する役割もあるので「役割内訳考察」に留めておくのが吉か。






くろうさぎ「毎晩毎晩役割コインをシャッフルしてたらGMが大変だからね。役割コインは固定でいいと思うよ」


尻「役割コイン=役職の感覚で大丈夫やな」


くろうさぎ「やっぱりペリカの使い方が最大のポイントだろうね」


尻「役割コインの能力を使うにもペリカが必要やからな・・・
  序盤は能力を使わずに溜めておく動きが流行りそうや」


くろうさぎ「初日5万ペリカ+1日1万ペリカ配布だから、そこまで神経質にならなくてもいい感じはするけどね」


ローウェン「助かる」


くろうさぎ「ゲーム外の交渉にもペリカは不可欠だからねえ(ペリカの受け渡しは自由)。もし妖狐入り配役ならプレイヤー買収の駆け引きも凄く面白そう」


くろうさぎ「まあ飽くまで人狼ゲームだから、占い師になったら大人しく毎晩1万ペリカ支払って能力を行使するのが吉だと思うけどね」


尻「皇帝を引いたらどの役割コインを選ぶのがええんやろね?」


くろうさぎ「占い師安定じゃない?まあそれを逆手にとって3日目占いCO(元皇帝CO)する人外戦術も流行りそうだけど」


尻「占いCO者になりすまし能力を使って真を確かめる戦術も強いな」


くろうさぎ「なりすましは怪盗と似た側面があるからねえ。まあ永続奪略と交換は全然違うけど」


尻「人外最強の役割は何やろね?」


くろうさぎ「うーん、やっぱりなりすまし(占い能力奪略無効化)、封印かな。4万ペリカはちょっと燃費悪いけどね。あとは商人が基本にして安定職」


尻「他プレイヤーの2倍ペリカを貰える(1万ペリカ+1万ペリカ)のは単純にええよなあ」


くろうさぎ「うん。結局保釈金5万ペリカを払えば人外確定しても無駄縄を使わせる事が出来る(吊り回避)からね」


尻「ほな2万ペリカで吊り回避出来る弁護士は最強やな」


くろうさぎ「そうだよ(便乗)」


くろうさぎ「あれ本当だ。これ人狼が弁護士になったら強すぎない?」


尻「初日に全員5万ペリカ配布、その後1日1万ペリカ配布。全視点で人外確定しても4吊り以上回避出来るで・・・」


くろうさぎ「人狼弁護士最強説」


尻「人外陣営が弁護士能力使う時は1回のみのルール設けるべきやな」


くろうさぎ「弁護士能力発動吊り回避(2万ペリカ)→保釈金で吊り回避(5万ペリカ)安定だからなあ」


尻「学歴がものを言う世の中」


くろうさぎ「学歴社会怖いわあ」


くろうさぎ「保釈金5万ペリカで吊り回避が発生しても全員でカンパするなり何なりで5万ペリカ追加で支払ったら保釈金無効化してもいいかもね」


尻「確定人外の吊り回避が連続で起きてもつまらんしなあ」


くろうさぎ「こういう特殊配役?は実際にやってみないとどうなるか分からないよね」


尻「せやなあ。ほなワイらで1回やってみるか」


くろうさぎ「あぁ^~いいっすねぇ^~」


ローウェン「よろしくな」



ざわ・・・ざわ・・・


圧倒的賭博黙示録っ・・・開幕っ・・・






※よくよく考えたら人狼に役割コインが配布されるのは強すぎる気がしてきました。
 要追記修正(要追記修正とは言ってない)

  • 最終更新:2017-03-12 09:38:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード