夏至杯第2回戦対えるさん対策本部

『緊急会議!夏至杯第2回戦対えるさん対策本部』



尻「夏至杯も2回戦やな」


くろうさぎ「えるさんにだけは負けたくないので、えるさん対策しましょうや」


ローウェン「助かる」



【えるさんの強さを徹底分析】


~プロフィール~

本名:アキヤマ・L・ベアトリーチェ
生年月日:1979年(アニメ版では1982年)10月31日
命日:2004年(アニメ版では2007年)11月5日(25歳没)、実写映画版では2006年7月30日
身長:179cm(推定)
体重:50kg(推定)
血液型:不明
性格:負けず嫌い
好きなもの:甘い物
嫌いなもの:靴下(部屋にいるときは裸足で、外に出る際も靴の踵を潰して素足で履く)
出生:不明。原作者は「私のイメージでは日本人、イギリス人、ロシア人、フランス人かイタリア人がそれぞれ1/4」とコメントしている。
国籍:不明
語学能力:日本語、中国語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語に堪能で、各国のICPO関係者や前述のような日本の警察関係者にも難なく会話をこなせる。



~人物~

世界の迷宮入り事件を何度も解決し、全世界の警察を動かせる唯一の存在として「影のトップ」「最後の切り札」「世界一の探偵」と呼ばれる。
また、作中でLと並び「世界三大探偵」と評されるメチ、月亭絵の具もLと同一人物である。
自分の気に入った事件にしか関わらず、「正義」についても作中で発言する以上のこだわりはない。
人狼ゲームは遊びの延長で趣味であり、子供が推理小説の謎解きやテレビゲームをクリアしたいと思うのと同じと語っている。
キラ事件の際には、自分がLであることを本部以外の人間に悟られぬよう、日本捜査本部の刑事達や補佐役のワタリにまで自分を「ベアトリーチェ」と呼ばせる。
他人に対しては常に敬語で接する。猫背気味で親指の爪を噛む癖がある。
「この座り方でないと推理力が40%落ちる」と言って、膝を曲げて胸に抱え込むような姿勢で椅子に座り、この姿勢のまま睡眠もとる。



~活躍~

・人狼Online人物名鑑SSSランク
・旧式人狼Online非公式ランキング元3位
・るる鯖過去レーティングベスト16入り
・わかめて鯖年間総合勝率60%オーバー
・ヤフー人狼総合レーティング6位
・Shadowverseマスターランキング25位
・2016年度アキヤマシンイチカップ2位




~死~

甘楽が二度も死神の目の取引をしたことや、その将来性を考慮した死神・Dr.くられによってワタリと共にデスノートに名前を書かれ心臓麻痺で死亡する。
Lの死は世間の混乱を防ぐために隠蔽されたが、自らのパソコンに「1か月操作されないと自動的にワイミーズハウスの院長nobenに自分の死を伝える」というプログラムをセットしており、後の行動を託した。






くろうさぎ「えるさんという人物について復習した所で、早速夏至杯の対策を立てよう」



≪えるさん選択クラス:ロイヤル&ヴァンパイア≫



尻「ロイヤルとヴァンプか・・・一見対策は練り易そうやな」


くろうさぎ「彼のツイッターに忍び込んだ所、どうやら最近のお気に入りは『天空城ロイヤル』だそうで」


ローウェン「なんだって!?」



【ケース1】天空城ロイヤル


くろうさぎ「夏至杯でも天空城ロイヤルを使ってくる可能性は非常に高いね」


尻「GameWith見たら超越ウィッチに微有利、コントロールヴァンプに五分、それ以外全部不利なんやが」


くろうさぎ「草」


尻「対策の余地無しやな」


くろうさぎ「天空城なら普通に勝てるでしょ(楽観視)」




える「まだ気付かないのか?天空城は春が旬、だからこそお前は天空城を選んだ。
   その事を俺が予測していないとでも?
   残念だったな。このゲームには必勝法がある(キリッ
   このゲーム 俺の勝ちだ。」




ローウェン「なんだって!?」




【ケース2】天空城ロイヤル読みアルベールロイヤル



くろうさぎ「天空城だと油断させておきながらアルベールが走り込んでくる姿が容易に想像出来るね」


尻「指揮官をアルベールだけにしてメイド確定サーチした型か」


くろうさぎ「疾走持ちで押しきれる事・明確な苦手デッキが無い点(陽光サタンくらい?)が強みだね」


尻「アルベールをベースにしたミッドレンジは最近よく見るしなあ」


くろうさぎ「勝ちに来るならアルベールロイヤルが大本命だろうね」




える「お前ならそう言うと思ったよ、だから俺はある罠を仕掛けたんだ。
   このアルベールロイヤルと書かれたデッキ、実はコントロールヴァンパイアなんだよ。
   つまり俺は事前にアルベールロイヤルとコントロールヴァンパイアを入れ替えていた。
   残念だったなぁ?
   このゲーム お前の負けだ。」




ローウェン「なんだって!?」



【ケース3】天空城ロイヤル読みアルベールロイヤル読みコントロールヴァンパイア



尻「せやなあ・・・何もロイヤルだけ使うっちゅう事はないもんな」


くろうさぎ「ロイヤルと見せかけて・・・のヴァンパイアは十分にあり得るね」


尻「アグロデッキに対して圧倒的に優位に立てる点・テンポウィッチに対して有利盤面を取れる点が脅威やな」


くろうさぎ「OTKエルフ相手だと脆いんだけどね。今大会でのエルフ選択者が少ないと見て(夏至杯はミニゴブリンメイジナーフ後開催)コントロールヴァンパイアを仕上げてきてるんじゃないかな?」


尻「今大会は選択クラスが事前に公表されるから、そういう読み合いの元クラスを選択してる可能性はあるやで」


くろうさぎ「個人的な対策法としては『超越ウィッチ』だろうね。読み間違えてテンポウィッチで戦おうものなら勝機は薄いよ」




える「お前はまだ気付かないのか?
   このゲームには必勝法があるとさっき言っただろ?
   そう、初めからこの場にコントロールヴァンパイアなんてなかったんだ。
   あるのはアグロヴァンパイアが1つのみ、あとはお前でも分かるよなぁ?   
   このゲーム 俺の勝ちだ。」




ローウェン「なんだって!?」



【ケース4】天空城ロイヤル読みアルベールロイヤル読みコントロールヴァンパイア読みアグロヴァンパイア



尻「コントロールと見せかけて・・・まさかのアグロパターンやな」


くろうさぎ「夏至さんのこの言葉↓に触発されて、普段はランクマッチで使わないような独創的デッキを持ち込むOnline民に対して容赦無い超速攻を仕掛けるえるさんの顔が容易に想像出来るね」


せっかくの夏至杯です。攻略サイトやTwitterに出回っているような『テンプレデッキ』でやっていては非常にもったいないと思います


尻「ネタデッキは基本的に展開が遅くなる(コントロール寄り)になる傾向が強いからな・・・」


くろうさぎ「前回公開した僕の超越ウィッチとアグロヴァンパイアは分が悪いんだよね」


尻「アグロVSコントロールならそらアグロ勝ってしまうやで」





える「そう、ここまでが俺の作戦だったんだ。
   最初の返しに俺は相手の脳裏に罠を仕掛けた。
   実はこの場所にアグロヴァンパイアなんてものはないんだよ。
   俺が言い始めただけなのにまんまとアグロヴァンパイアがあると思い込んでたみたいだなぁ?
   このゲーム 俺の勝ちだ。」



ローウェン「なんだって!?」



【ケース5】天空城ロイヤル読みアルベールロイヤル読みコントロールヴァンパイア読みアグロヴァンパイア読みコントロールロイヤル



尻「えるちゃんは旋風刃を巧みに使いこなしてきそうやな」


くろうさぎ「バハムート採用型コントロールロイヤルは現環境でも流行してるよね」


尻「凌ぎ切るおじを出されると脅威やで」


くろうさぎ「本当に凌ぎ切っちゃうからね・・・」


ローウェン「どうする・・・」




くろうさぎ「こういう読み合いもShadowverse大会の醍醐味だよね」


尻「同じクラス・同じデッキ型でも人によって色んなアクセントが加えられてて面白いやで」


くろうさぎ「そうだね。僕も自分の練り上げたデッキでベストを尽くせるように頑張るよ」





える「夏至杯には」



くろうさぎ・える「必勝法がある(キリッ」






尻「ほな、1回戦も全試合終了したみたいやし他のゾーンはどうなってるか見てみるやで」



2回戦_convert_20170313063827.jpg



2回戦2_convert_20170313063839.jpg

  • 最終更新:2017-03-13 06:44:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード