尻の日記

『尻の日記』



くろうさぎ「人狼online共同wikiにあったこのロゴ↓が凄いクオリティ高くていいなあと思ったので勝手に借りパクしました」


管理人たちの日記.png


尻「ええ・・・」


くろうさぎ「こうなりました」


尻の日記.png


尻「おっ 雑ぅー!」


くろうさぎ「せっかく作ったロゴなんでコーナー化しようね」


尻「ええ・・・」


くろうさぎ「尻さん頑張って!」


ローウェン「よろしくな」


尻「どうすりゃいいんだ・・・」



本拠地、人狼Onlineで迎えた今季最終戦
先発くろうさぎが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「wiki管理人はワニノコだな」の声
無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者くろうさぎは独りベンチで泣いていた
人狼Onlinewikiで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今のくろうさDaysで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」くろうさぎは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、くろうさぎははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って人物名鑑を更新しなくちゃな」くろうさぎは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、くろうさぎはふと気付いた

「あれ・・・?閲覧者がいる・・・?」
ベンチから飛び出したくろうさぎが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにくろうさベイベーの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするくろうさぎの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「くろうさ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったくろうさぎは目を疑った
「あ・・・青海苔さん?」  「なんだ兎、居眠りでもしてたのか?」
「ぐ・・・グリエル退団さん?」  「なんだクロ、勝手にサイトを引っ越ししやがって」
「ファイ竹さん・・・」  くろうさぎは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:青海苔 2番:cyAn 3番:グリエル退団 4番:ue村 5番:ファイ竹 6番:朝 7番:【郷】こころ 8番:うどん 9番:甘楽
暫時、唖然としていたくろうさぎだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
尻コーチから過去ログを受け取り、グラウンドへ全力疾走するくろうさぎ、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっているくろうさぎが発見され、アポロ神とワニノコは病院内で静かに息を引き取った




尻「ネットの日記は難しいやで」


くろうさぎ「そうだね~ 毎日ページを更新しなきゃ(使命感)に駆られるからね」


尻「昔のくろうさちゃんを思い出すやで」


くろうさぎ「自分が書きたい事よりもとにかく毎日更新しないといけない義務感に囚われて精神衛生上よくないんだよね」


尻「ネタなんてすぐ尽きるもんなあ」


くろうさぎ「僕が昔からお世話になってるゲームブログがあるんだけど、そこはもう何年も毎日更新してるの。ずっとずっと。しかも面白いの。本当凄いなと思うよ」


尻「継続は力なり、やな」


くろうさぎ「僕は継続出来なかったけどね・・・」


ローウェン「どうする・・・」


くろうさぎ「今日ある人から『前みたいに日記は書かないんですか?』という質問を貰ったので答えてみました」


くろうさぎ「書きません!!」


ローウェン「恨むなよ」


くろうさぎ「何事も自分がやりたい事をやるのが1番だよね」



ひとろう:自分がしたい事をしたいようにしてそれを受け入れてくれる人が居ればそれは幸せな事です



尻「ぐうレジェンド」


くろうさぎ「本当に口にした名言ランキングとか作りたいよね」


尻「文才が問われるなあ」


くろうさぎ「語彙力というか、発言にセンスがあるプレイヤーっていいよね」


尻「絵の具ニキとか才能の塊よな」


くろうさぎ「ツイッターが鍵垢になったのが残念だね。彼のツイッターは芸術作品そのものだった(故人感)」


くろうさぎ「以上!!」


尻「(オチを)考えるな。感じろ」

  • 最終更新:2017-03-05 13:09:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード